スペイン:リネゾリド耐性黄色ブドウ球菌outbreak報告

Sánchez Garcíaらは、スペイン・マドリードの ICUにおける、linezolid-resistant Staphylococcus aureus (LRSA) のoutbreakの特徴を報告
LRSA患者12名で、6名死亡、さらに、1名がLRSA感染関連死亡
genotypingにより、11名の患者で同じLRSAクローンで、この耐性は、cfr遺伝子によるものと判明
linezolid使用を減らし、感染コントロール戦略にて、流行を急激にコントロールした


Clinical Outbreak of Linezolid-Resistant Staphylococcus aureus in an Intensive Care Unit
JAMA. 2010;303(22):2260-2264.


リネゾリドは、商品名:ザイボックスとして、注射・内服として、バンコマイシン耐性腸球菌・MRSA治療薬として日本では承認されている。この薬剤耐性に関して、早期検出・感染コントロールが大事という話

by internalmedicine | 2010-06-09 08:55 | 感染症  

<< ユース:アイスホッケーのボディ... 米国でも急性期医療施設利用比率... >>