出血性、虚血性卒中の鑑別について

出血 vs 虚血性 卒中の、臨床的鑑別が可能か? ・・・ 結論から言えば、definiteなものはない

Does This Patient Have a Hemorrhagic Stroke?
Clinical Findings Distinguishing Hemorrhagic Stroke From Ischemic Stroke
Shauna Runchey, MD, MPH; Steven McGee, MD
JAMA. 2010;303(22):2280-2286.


クライテリア合致の19の前向き研究 (N = 6438 名の患者; うち出血性 n = 1528 [24%] )


出血性の場合いくつかの所見で確率増加
・ 昏睡(likelihood ratio [LR], 6.2; 95% 信頼区間 [CI], 3.2-12)
・ 頚部硬直 (LR, 5.0; 95% CI, 1.9-12.8)
; 神経学的異常をともなうけいれん (LR, 4.7; 95% CI, 1.6-14)
・ 拡張期血圧 > 110 mm Hg (LR, 4.3; 95% CI, 1.4-14)
・ 嘔吐 (LR, 3.0; 95% CI, 1.7-5.5)
・ 頭痛 (LR, 2.9; 95% CI, 1.7-4.8


出血確率減少:
・ 頸部 bruit (LR, 0.12; 95% CI, 0.03-0.47)
・ TIA既往(LR, 0.34; 95% CI, 0.18-0.65)


Siriraj score 1増加毎に、出血の確率増加 (LR, 5.7; 95% CI, 4.4-7.4) 、-1減少毎に確率減少 (LR, 0.29; 95% CI, 0.23-0.37)

多くの患者で診断所見がなく、20%程度は、Siriraj スコアは 1~-1で、診断の手助けにならない(LR, 0.94; 95% CI, 0.77-1.1)




脳卒中治療ガイドライン2009:http://www.jsts.gr.jp/jss08.html

by internalmedicine | 2010-06-09 10:48 | 運動系  

<< 間接喫煙で身体だけでなく、心理... ユース:アイスホッケーのボディ... >>