腰痛症に対するグルコサミン ランダム化トライアルにて効果否定

背部痛は関節疾患という概念でひとまとめにできるか・・・疑問が残るのだが、こういうCAMに関して、一つ一つ証拠を固めるしかないのだろう・・・その間に過剰な宣伝と多くの浪費を呼ぶという矛盾は続くが・・・


グルコサミンが疼痛関連障害を減少するか、6ヶ月以上継続する変形性腰椎症および腰痛患者において、検討。
Wilkensらはグルコサミン硫酸 1.5g/日とプラセボを6ヶ月をランダム割り付け投与
疼痛関連のdisabilityに関して、6ヶ月介入期間及び1年フォローアップ期間中を認めず

Effect of Glucosamine on Pain-Related Disability in Patients With Chronic Low Back Pain and Degenerative Lumbar Osteoarthritis
A Randomized Controlled Trial

Philip Wilkens, MChiro; Inger B. Scheel, PhD; Oliver Grundnes, PhD; Christian Hellum, MD; Kjersti Storheim, PhD
JAMA. 2010;304(1):45-52.

The Glucosamine-Study: The Effect of Glucosamine in Treatment of Chronic Low Back Pain




Avins らは、慢性腰痛における公衆衛生及び有効な治療を探る必要性を論じている。


多施設二重盲検プラセボ化celecoxib治療コントロール下のグルコサミン・コンドロイチントライアル
multicenter, double-blind, placebo- and celecoxib-controlled Glucosamine/chondroitin Arthritis Intervention Trial (GAIT) で有効性を見いだせなかった。
Glucosamine, Chondroitin Sulfate, and the Two in Combination for Painful Knee Osteoarthriti
N Engl. J Med. Vol. 354:(8) 795-808 Feb. 23, 2006






ref.)
・McAlindon TE, LaValley MP, Gulin JP, Felson DT. Glucosamine and chondroitin for treatment of osteoarthritis: a systematic quality assessment and meta-analysis. JAMA 2000;283:1469-1475.

Sawitzke, A. D., Shi, H., Finco, M. F., Dunlop, D. D., Harris, C. L., Singer, N. G., Bradley, J. D., Silver, D., Jackson, C. G., Lane, N. E., Oddis, C. V., Wolfe, F., Lisse, J., Furst, D. E., Bingham, C. O., Reda, D. J., Moskowitz, R. W., Williams, H. J., Clegg, D. O. (2010). Clinical efficacy and safety of glucosamine, chondroitin sulphate, their combination, celecoxib or placebo taken to treat osteoarthritis of the knee: 2-year results from GAIT. Ann Rheum Dis 0: ard.2009.120469v1-annrheumdis120469


Silbert, J. E (2009). Dietary glucosamine under question. Glycobiology 19: 564-567 [Abstract] [Full Text]
Ernst, E. (2009). How Much of CAM is Based on Research Evidence?. Evid Based Complement Alternat Med 0: nep044v1-nep044


グルコサミンは有効性はともかく、全般的に安全だが、いくつか注意が必要である
・Shellfish Allergies:製造が貝由来なのかトウモロコシ由来なのか確認必要。キチン由来のグルコサミンによるアレルギー反応が存在する
・糖尿病:インスリン値がグルコサミンにより変動し、糖尿病で顕著。ブドウ糖の供給源とはならないが、インスリン分泌変動に関わる可能性があり、糖尿病患者では留意が必要。
・妊娠・授乳:避けるべき:胎児への完全に安全といえるエビデンスはない。
・過剰投与:極端な投与の場合、軟便、下痢、吐き気など胃の蠕動への影響。
http://www.glucosamine-arthritis.org/glucosamine/glucosamine-side-effects.html

by internalmedicine | 2010-07-07 08:55 | 運動系  

<< 糖尿病・冠動脈疾患患者:厳格血... clusterin濃度:アルツ... >>