低炭水化物ダイエットは、低脂肪ダイエットに比べ拡張期血圧、脂肪特性改善、特にHDL増加

低炭水化物ダイエット vs 低脂肪ダイエットの2年比較のランダム平行群トライアル

Weight and Metabolic Outcomes After 2 Years on a Low-Carbohydrate Versus Low-Fat Diet: A Randomized Trial
Ann Intern Med August 3, 2010 153:147-157;
プライマリアウトカムは、2年時点の体重
セカンダリアウトカムは、3、6、12ヶ月の体重、脂質濃度、血圧、尿中ケトーシス、症状、骨密度、体組成


体重減少は1年時約11kg(11%)、2年時点で7kg(7%)

どの時点でも、群間の体重、体組成、骨密度の差なし

初めの6ヶ月間、低炭水化物ダイエットはより拡張期血圧低下、トリグリセリド、VLDLコレステロール、LDLコレステロール値減少が大きく、より副事象症状強い

低炭水化物ダイエットはHDLリポ蛋白コレステロール値をどの段階でも増加させ、2年後23%増加させた


結果だけだと、低炭水化物ダイエットが優秀のようだが、HDLの不確定要素を考えれば、そのまま低炭水化物ダイエット・マンセーとはいくまい
著者らもHDL増加のメカニズム不明とのべ、"These long-term data suggest that a low-carbohydrate approach is a viable option for obesity treatment for obese adults."と述べている(http://www.latimes.com/health/boostershots/la-heb-diets-20100802,0,7989726.story

いわゆる、アトキンスダイエット的低Carbダイエット・・・表層的なマスコミにはやりそうな言葉だが・・・現実的に動脈硬化に対してベネフィットがあるのだろうか?・・・この研究ではまだ明らかではない。

低脂肪食ダイエットは動脈硬化を減らすが、低炭水化物ダイエットは減らさない(http://intmed.exblog.jp/9308725)という先行する報告がある。


スタチン治療中のHDLコレステロール値は心血管リスク予測上役立たない?
http://intmed.exblog.jp/11015646


善玉コレステロールは上限なく善玉といえるか・・・1型糖尿病女性対象では疑問
http://intmed.exblog.jp/10885954

by internalmedicine | 2010-08-03 09:44 | 動脈硬化/循環器  

<< 企業財源のトライアル:介入薬剤... 糖尿病ESRD患者に血糖tig... >>