CARDIA研究:20-35歳時のLDL、HDLと冠動脈石灰化の関連

Primary Funding Source: National Heart, Lung, and Blood Institute.・・・だそうで・・・利益相反の問題は表面上はなさそう・・・背後はわからないが・・・


”冠動脈石灰化≠臨床的アウトカム”

若年者(20-35歳)における不適切なLDL (≥100 mg/dL])、HDL値(<60 mg/dL])は、冠動脈石灰化と独立して関連するという恐ろしげな報告


Nonoptimal Lipids Commonly Present in Young Adults and Coronary Calcium Later in Life: The CARDIA (Coronary Artery Risk Development in Young Adults) Study
Ann Intern Med August 3, 2010 153:137-146;

調査若年齢 2824名(87%)で、LDL (≥2.59 mmol/L [≥100 mg/dL])、HDLl (<1.55 mmol/L [<60 mg/dL])、TG (≥1.70 mmol/L [≥150 mg/dL]) 不適切値

20年後冠動脈石灰化頻度は、適切なLDL値維持群(<1.81 mmol/L [<70 mg/dL]) 8%に対して、 LDL 4.14 mmol/L (160 mg/dL) 以上では、44%(P < 0.001)

人種・性別・追加階層横断的に相関類似で、35歳以降のリスク補正 LDL 1.81 mmol/L (<70 mg/dL)最小比較で、 LDL 1.81-2.56 mmol/L(70-99 mg/dL)  1.5 (95% CI, 0.7- 3.3)、2.59 - 3.34 mmol/L (100 - 129 mg/dL) 2.4 (CI, 1.1 to 5.3)、 3.37 - 4.12 mmol/L (130 - 159 mg/dL) 3.3 (CI, 1.3 - 7.8)、f 4.14 mmol/L (160 mg/dL)以上 5.6 (CI, 2.0 - 16)

LDLとHDLともに、脂質降下薬剤、臨床的異常値ち除外対象者に関して、独立して冠動脈石灰化と相関

by internalmedicine | 2010-08-03 11:07 | 動脈硬化/循環器  

<< 13-18歳のインターネット病... 企業財源のトライアル:介入薬剤... >>