PPI服用中止後、1~2週間に一過性の上腹部の非特異的症状が生じる可能性

PPI投与例が増えてくるにつれて、こういう問題も多く出現する

プロトンポンプ阻害薬の「離脱症状」に関するもう1つの研究
Another Study of Proton-Pump Inhibitor "Withdrawal Symptoms"
2010 July 27
http://www.nankodo.co.jp/JWJ/archive/JW10-0727-05.html


保険者側から過剰薬物投与とされた場合、速攻、薬物中止する場合もあるかもしれない
そのときに、患者は、上腹部非特異的症状になやまされることとなる・・”保険者によるPPI離脱症候群”という医原性疾患の発生

by internalmedicine | 2010-08-10 11:14 | 消化器  

<< 大規模米国コホート:ウェスト径... メタアナリシス:チョコレートと血圧 >>