RIKS-HIA:ST上昇型心筋梗塞は事前の薬物治療によりリスク低下をもたらす

急性心筋梗塞入院治療前のアスピリン、β-遮断剤、ACE阻害剤、スタチン治療はSTEMIにリスクを減少させる。急性心筋梗塞前高リスク患者の予防に役立ち、薬物使用数増加毎に、そのリスクは減少する。


Medication in Relation to ST-Segment Elevation Myocardial Infarction in Patients With a First Myocardial Infarction
Swedish Register of Information and Knowledge About Swedish Heart Intensive Care Admissions (RIKS-HIA)
Lena Björck, PhD; Lars Wallentin, MD, PhD; Ulf Stenestrand, MD, PhD; George Lappas, BSc; Annika Rosengren, MD, PhD
Arch Intern Med. 2010;170(15):1375-1381.


足立さんたち民主党の面々は、慢性期医療をかなり軽視した施策を行っているように思える。彼らの愚作は結局は急性期の医療の悪化をもたらす。

by internalmedicine | 2010-08-10 11:42 | 動脈硬化/循環器  

<< ビスフォスフォネートは食道癌を... 大規模米国コホート:ウェスト径... >>