末梢ルート定期交換は不要

末梢静脈デバイス(IVD)は、小児やルート確保困難例をのぞいて、伝統的に96時間まで注射部位を経脳することがなされている。

そういう定期的ルート部位変更ってのは不必要という報告

Routine IV relocation unnecessary
BMC Medicine 2010, 8:53

by internalmedicine | 2010-09-13 11:56 | 医療一般  

<< アクトス:アルツハイマー病投与... 院外心肺停止:胸骨圧迫の除細動... >>