Validation therapy for dementia

昨夜の、”NHKためしてガッテン”(http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20100915)・・・認知症ケアにおける、面接技術の共感の重要性を再認識させて、ケアギバーの心を軽くさせてくれた・・・良い番組だった気がする。

ただ、バリデーション(ヴァリデーション)に関しては、まだ、エビデンス乏しいことも事実。

Validation therapy for dementia
http://onlinelibrary.wiley.com/o/cochrane/clsysrev/articles/CD001394/frame.html

by internalmedicine | 2010-09-16 10:00 | 精神・認知  

<< α-nucleiopathyは... ARDS早期:筋弛緩薬で肺障害... >>