高血圧・高血圧前症:赤血球抗酸化作用低下と関連

原因か、結果か?


Assessment of antioxidant enzyme activities in erythrocytes of pre-hypertensive and hypertensive women
JRMS Online Early Next Issue (Vol 15, Issue 5, 2010)

症例対照研究

copper zinc-superoxide dismutase (CuZn-SOD)、 glutathione peroxidase (GPX) 、catalase (CAT)を指標に赤血球抗酸化作用を測定

高血圧前症 53(33.2%)、高血圧症 32(20%)
女性では、正常血圧者に対して、 CuZn-SOD (p < 0.001) 、GPX (p < 0.01) 低値

さらに、高血圧女性は、高血圧前症・正常者に比べ、CAT活性低下(p < 0.001)

高血圧・高血圧前症とに、赤血球CAT活性の差が見られた (p < 0.01)


赤血球抗酸化作用酵素の低下は、高血圧前症・高血圧症にて低下、動脈硬化性に働く可能性があり、高血圧とともに生じる問題でもある。

by internalmedicine | 2010-09-18 11:47 | 動脈硬化/循環器  

<< 冠動脈疾患+低LDL患者におけ... 非小細胞型肺がん:診断時喫煙状... >>