米国医療分野人種差別主義シンボル:グアテマラ性病研究

オバマは、グアテマラ大統領に、1946-1948年に行われた米国医療研究者たちの実験行為に対して謝罪という報道(http://health.yahoo.net/news/s/afp/usguatemalahealthsexdiseasehistory

1997年に同様の謝罪を、当時大統領ビル クリントンが行い、400名の黒人男性の梅毒治療研究に謝罪を行っていた。

南部の町の季節農業労働者に対する研究で、1932-1972年の"Tuskegee experiment"というもの

US public health doctorである、 John Cutlerという一人の男によってこの2つの所行はなされた。この実験は今年Wellesleyカレッジ professor Susan Reverbyが記録文書を明るみにしてからあきらかになった。


二つの実験の違いは、Tuskegee男性はすでに梅毒感染をしていたが、グアテマラの場合は、US研究者により故意に感染させられたもの。Tuskegee男性は多くは疾患を有するか知らされておらず、”血液が悪い”
とだけ告げただけであった。

グアテマラで、淋病・梅毒感染娼婦を兵士・刑務者に対し無防備の成功を行わせ、ペニシリンが有効かどうか確認させたトライアル

米国の医療分野における人種差別主義のシンボルとして、James H. Jonesが1991年の書籍でテーマにしている。

by internalmedicine | 2010-10-04 08:36 | 医療一般  

<< 子供のジャンクフード:真の意味... ビスホスホネート系薬剤投与と歯... >>