禁煙啓蒙パンフのうそ

ある製薬会社から配布されている禁煙指導の資料の中に
“喫煙は、運動不足、肥満、高血圧よりも危険です。”
という文言があります。

引用論文は
――――――――――――――――――――――――――――――
Helmrich, S. P., Ragland, D. R., Leung, R. W., & Paffenbarger, R. S., Jr. (1991). Physical activity and reduced occurrence of non-insulin dependent diabetes mellitus. New England Journal of Medicine, 325, 147-152.

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=pubmed&dopt=Abstract&list_uids=2052059
http://content.nejm.org/cgi/content/abstract/325/3/147
――――――――――――――――――――――――――――――
インスリン非依存性糖尿病(NIDDM)患者で、身体運動との関係を前向きに見たもので、本来喫煙の影響をみたものではありません。さらに高血圧などとの関係もみたものではなりません。

禁煙指導に関しては私も熱心なつもりですが、こういう患者啓蒙向けのパンフにいい加減なのがあって閉口してしまいます。

by internalmedicine | 2004-10-07 14:59 | 動脈硬化/循環器  

<< 中枢型睡眠時無呼吸に炭酸ガス投... 検査は臨床情報があった方が正確... >>