日本の皆保険50周年を記念して、ランセットが論文投稿募集

Japan—a call for research papers
The Lancet, Volume 376, Issue 9748, Page 1207, 9 October 2010



日本では、1961年から皆保険制度、世界一余命期待値を有するが、次第に弱体化している。
皆保険の終わりではないが、急激な高齢化、医療費高騰、皆保険維持・・・という全世界の国共通となるであろう試練のはじまりとなっている。

日本は、いかに、医療システムを蘇生させ、より維持可能な、公平なものとできるか?

日本の皆保険50周年とともに、ランセットがなぜかシリーズを計画してるらしい・・・


日本の各学会は企画しないのだろうか?

by internalmedicine | 2010-10-12 18:07 | 医療一般  

<< 進行期がん患者に対するがん検診 幼児自閉症リスク:正期産黄疸暴... >>