NHKの問題番組 ためしてガッテン・・・今度は”LOH症候群”・・・

NHK全体がおかしいようだが、自覚症状ないようだ

特に、ためしてがってん の 暴走ぶりは目に余る
e.g. 抑肝散、眼瞼下垂、ロコモ、肺炎ワクチン、血液どろどろ・さらさら、イソフラボン一方的善玉説・・・


一部の医師たちの主張だけで、番組作り・・・中にはあきらかに、背後の製薬会社の存在を示唆するような番組作りがなされている。インサイダーも可能なはず・・・NHKは内部調査すべき


今回取り上げたLOH 症候群って、一般的なのだろうか?

pubmed検索しても、重複を含めても210程度しか検索されない

http://eutils.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/eutils/erss.cgi?rss_guid=1-KHXJhm35hiwQ2oWKouVtj_EH_XvRFkMUJHrgub84_GD7sYDV


要は、”男性更年期”の隠れ蓑病名

この病名に対しては、かなり批判があり、ホルモン補充療法に関してもネガティブな結果だらけ・・・


にもかかわらず、公的放送に垂れ流す・・・NHKの見識 ・・・ さすが、捜査情報を個人に流しても短い期間の停職にしか処分しないNHKだ! ・・・ つぶれろ!



NHKの巨悪をあばくジャーナリストって、なぜ出現しない? やはり仲間内をかばってるのか、自分たちもその利益のおこぼれを頂戴しているのだろうか?芸能プロダクションとの癒着問題、インサイダー取引など、以前から話題になっては、消滅している。時の与党との広告塔として権力と癒着し、マスコミとしての良心のない組織と成り下がっている。そして、この組織は自浄作用がない。

ためしてガッテンの多くは、特定の薬剤やサプリメント、団体の利益誘導につながるテーマが多い。上記のようなアカデミック団体でも少数派の意見の紹介というのは、インサイダーや関係団体から利益供与の可能性が疑われる可能性がある。濡れ衣というなら、番組自らの情報開示が必要だろう。



眼瞼下垂に関して
「ためしてがってん~顔のしわ・たるみ」(2008.4.2NHK放映)に苦言!
http://blogs.yahoo.co.jp/nomayan302000/22520053.html

信州大学形成外科 松尾清教授

by internalmedicine | 2010-11-18 15:03 | メディア問題  

<< カナダ:CKD検診にコスト効果なし CEPT阻害剤anacetra... >>