米国:5名に一人が精神疾患、最多年齢層は18-25歳

米国成人では、450万超、5名に一人が、昨年、何らかのメンタルヘルスとなり、110万名が重症であったと米国政府が、木曜日(18日)報告

18-25歳の若年層が最も多く、30%で、50歳以上では13.7%であると Substance Abuse and Mental Health Services Administration (SAMHSA)の報告

http://oas.samhsa.gov/NSDUH/2k9NSDUH/MH/2K9MHResults.pdf


失業者増加のため、うつの増加の影響が見られ、また、多くの米国人が援助なく、予防・早期介入の機会も失っている。

ソース:http://www.msnbc.msn.com/id/40263028/ns/health-mental_health/

by internalmedicine | 2010-11-19 14:29 | 精神・認知  

<< 睡眠障害性呼吸障害に対するCP... 症例報告: facebookに... >>