前向きコホート:心不全患者のナトリウム摂取量 非代償化心不全増加、死亡率増加と関連する

今更とおもってたが、心不全管理で減塩は当たり前になってるが、実際の前向き臨床文献は少ないとのこと。意外とこう言う事って多い。

前向きに、収縮期心不全患者を、2つの心不全クリニックで、検討

A high-sodium diet is associated with acute decompensated heart failure in ambulatory heart failure patients: a prospective follow-up study
Am J Clin Nutr 2010 ajcn.000174; First published online November 17, 2010

フォローアップ3年間で、平均ナトリウム摂取量  1.4 ± 0.3, 2.4 ± 0.3, 3.8 ± 0.8 g Na/d で比較
NaClで計算すると3.6g±1.7g、 8.5g±1.7g、17.3±5.2g

3年時点累積急性非代償性心不全イベント率は、  12 ± 6%、 15 ± 7%、 46 ± 11%(log-rank P = 0.001)

最高3分位の補正ハザード比は 2.55 (95% CI: 1.61, 4.04; P < 0.001)

Time-to-event 確率は死亡において有意  (log-rank P = 0.022) だが、全原因入院に対して有意でない (log-rank P = 0.224)

高Na3分位は、全原因死亡、死亡率に対して、補正ハザード比それぞれ 1.39 (95% CI: 1.06, 1.83; P = 0.018)、 3.54 (95% CI: 1.46, 8.62; P = 0.005)

by internalmedicine | 2010-12-04 08:32 | 動脈硬化/循環器  

<< 飲酒は2型糖尿病患者の視力低下... COPD発症前から地域単位でコ... >>