禁煙指導の究極はメンタルヘルス:軍役PTSD患者への強化治療

ベースラインにメンタルな問題が関わるときの禁煙指導はかなり難しいという実感がある。

軍役関連PTSD患者の禁煙指導ってのはハードルが高そう。だが、メンタルケアを含めた強化的な治療により活路がありそう・・・

Integrating Tobacco Cessation Into Mental Health Care for Posttraumatic Stress Disorder: A Randomized Controlled Trial
JAMA. 2010;304(22):2485-2493.doi:10.1001/jama.2010.1769


メンタルヘルスケアを導入禁煙治療強化したことで、PTSDを有する退役軍人が長期的な禁煙率を改善するかどうか?

943名の軍役関連PTSDを有する喫煙者へのランダム対照化トライアル

メンタルヘルスケア集約化禁煙治療(mental health clinicians (integrated care [IC]) ) vs Veterans Affairs smoking cessation clinics (SCC)

12ヶ月時点でのbioverifyされた喫煙アウトカム (primary outcome)
3ヶ月毎調査の7日間、30日間の禁煙状況

集約的ケアは、長期嫌煙状況においてSCCより良好(8.9% vs 4.5%; 補正オッズ比, 2.26; 95% 信頼区間 [CI], 1.30-3.91; P = .004)

IC vs SCCは6ヶ月時点での7日ポイント禁煙状況がもっともさが開き(78/472 [16.5%] vs 34/471 [7.2%], P < .001)、18ヶ月でもその差は有意(86/472 [18.2%] vs 51/471 [10.8%], P < .001)

受けたカウンセリングセッション数や禁煙薬剤日数により、治療効果は39.1%と想定

ベースラインから18ヶ月の間に、心理状態は治療群差なし

禁煙者、非禁煙者のPTSD症状は改善

非禁煙者は、禁煙者に比べPatient Health Questionnaire軽度悪化 (differences ranged between 0.4 and 2.1, P = .03)、経時的にスコア差は変わらず



精神科からの、禁煙指導の放り投げ紹介を時に経験する。チャンピックス錠の「本剤との因果関係は明らかではないが、抑欝気分、不安、焦燥、興奮、行動変化又は思考変化、精神障害、気分変動、攻撃的行動、敵意、自殺念慮及び自殺が報告されているため、本剤を投与する際には患者の状態を十分に観察する」というのは一般医家ではなかなか困難。禁煙指導を寸あり受け入れられない、あるいは、禁煙がなかなかうまくいかないということのベースにはメンタルな問題が大きく関わる。
禁煙治療関連学会の表層的な議論を見聞きするにつけ・・・

by internalmedicine | 2010-12-08 09:07 | 喫煙禁煙  

<< 少量アスピリン投与群が大腸癌早... 米国:うつ治療内容・医療費の推... >>