Universal Influenza Vaccineにめどがついた?

毎年、流行予測をして、その予測ウィルス型で、ワクチンを製造している状況。これが普遍的なワクチンならなんと楽なことか・・・そして、供給も安定できる。福音となるだろう。

現実に近くなってきているようだ・・・

イスラエルのBiondVax社の、universal flu vaccination第2相臨床治験着手のニュースで色めき立ってるのがわかる。


重鎮Anthony Fauciの登場

この人が何か言うと、アメリカのメディアは騒ぐ・・・http://content.usatoday.com/topics/topic/Anthony+Fauci

"Drs. Fauci and Nabel suggest that vaccine development might be prioritized to produce first-generation universal influenza vaccine candidates that protect against multiple virus strains within the highest priority group. "

ってことで、めどが立ったようだ。

univeral flu vaccineは試験からライセンスの状況にありそうで、16の既知のウィルスサブタイプを3つの群に分けて、もっともダメージに関連するものを最優先して、一世代ワクチンとして製造するとのこと


NIAID MEDIA AVAILABILITY
A Flu Vaccine that Lasts
NIH Scientists Consider Prospects for a Universal Influenza Vaccine
FOR IMMEDIATE RELEASE
Monday, Dec. 6, 2010

by internalmedicine | 2010-12-11 09:27 | インフルエンザ  

<< 米国・食物アレルギー診断管理ガ... アルツハイマー病:βアミロイド... >>