関節炎老人への鎮痛剤安全性比較

The Comparative Safety of Analgesics in Older Adults With Arthritis
Daniel H. Solomon, MD, MPH; Jeremy A. Rassen, ScD; Robert J. Glynn, PhD; Joy Lee, BA; Raisa Levin, MS; Sebastian Schneeweiss, MD, ScD
Arch Intern Med. 2010;170(22):1968-1978. doi:10.1001/archinternmed.2010.391



関節炎老人の各種鎮痛剤の安全性比較

Solomonらは非選択的非ステロイド抗炎症剤(nsNSAIDs)、cyclooxygenase 2 選択的 NSAIDs (coxibs)、オピオイドの安全性比較を行った。
Medicare beneficiaries (Pennsylvania と New Jersey)、上記薬剤開始した対象者をpropensity score上でマッチさせた。

nsNSAIDsに比較して、coxibsやオピオイドは心血管イベントのリスク増加を示した。
胃腸出血リスクは、coxib使用者で減少するが、オピオイド使用者では同等。
coxibsやnsNSAIDsは骨折リスク同等、しかし、骨折リスクはオピオイド使用者で増加。

加えて、nsNSAIDsに比較して、オピオイド使用、coxibs未使用では全原因死亡率増加。

鎮痛剤の安全性は安全性イベント研究に依存しばらつきがある。
オピオイドは、nsNSAIDs比較に対する、多くの安全性イベントに対し相対リスク増加を示す。






オピオイド使用は、安全性上、多くの安全性イベントで、相対的リスク増加をもたらす


結論はこれだが、オピオイド使用に慎重な日本・・・オピオイドにおいても、安全性より有益性が上回るポイントがあるはずである。その指標がほしい。


安全性に関しては、coxibsの安全性一歩リードのようであり、鎮痛剤第一選択となるのだろう。

by internalmedicine | 2010-12-14 08:38 | 運動系  

<< 糖甘味飲料税40%付加:カロリ... アパートにおける他世帯からの子... >>