ESCALE Study (SFCE) :高度交通量・NO2濃度と小児白血病

Road Traffic and Childhood Leukemia: The ESCALE Study (SFCE)
Environ Health Perspect :-. doi:10.1289/ehp.10024290
Amigou A, et al



急性白血病 (AL)は、有意に交通輸送NO2推定値と相関し21.9µg/m3に比べ27.7µg/m3で増加 (OR=1.2 [1.0-1.5])し、500m内の交通量の激しいところでは、そうでないところに比べて増加(OR=2.0 [1.0-3.6])

急性白血病と500m内の交通量高密度の有意な相関は500m内の交通量の高度でない地域カテゴリー二比べ有意 (OR=2.2 [1.1-4.2])で、高度交通量500m内の期間の長さにも正の相関みとめる。



フランスの全国子ども血液悪性腫瘍登録(National Registry of Childhood Blood Malignancies)
http://www.environmentalhealthnews.org/newscience/2008/2008-0205rudantetal.html
化学物質やダスト、ヒューム、そして電磁波なども俎上にあがっている・・・携帯電話の話だけが広まっているようだが・・・

by internalmedicine | 2010-12-20 09:08  

<< WHO:医療関連施設向け 自然... ラピアクタやイナビルどう扱うの? >>