心房細動患者管理:2011 ACCF/AHA/HRS Focused Update

3つのアメリカの学会(American College of Cardiology (ACC)、 American Heart Association (AHA)、 Heart Rhythm Society (HRS))が心房細動マネージメントガイドラインをupdate

dabigatran (Pradaxa/Pradax, Boehringer Ingelheim)のマーケットの広がりによる影響
アスピリン+ clopidogrel (Plavix, Sanofi-Aventis/Bristol-Myers Squibb)併用の卒中や他の血管イベント予防ワーファリン代替的使用(class IIb, level of evidence B)

心房細動カテーテルablationの主流は、洞調律維持のために有効である、患者の選択であり、抗不整脈治療失敗・左房正常もしくは軽度拡大まで、正常・軽度左室機能低下、ううウド肺疾患のないもの (formerly a class IIa recommendation, level of evidence C, now class I, level of evidence A)。
ablationは、有症状symptomatic persistent AFで合理性を認める (class IIa, level of evidence A) 。
ablationは、左室拡大患者や左室機能障害を有する場合のの有症状発作性AFでreasonableかもしれない (class IIb, level of evidence A)。

より穏便な安静時心室 <110 bpm目標に比べ、厳格な心室調律コントロール到達(安静時 <80 bpm or 6分間歩行<110 bpm)到達であっても、ベネフィットはない。rate controlは未だに治療上重要な観点。厳格すぎて入院数を増やしたり、well-beingをもたらさない可能性がある。


発作性や洞調律に至ったpersistent心房細動患者のdronedarone (Multaq, Sanofi-Aventis) は心血管入院リスクを減少するにはreasonable (class IIa, level of evidence B)だが、心不全NYHA class 4や1ヶ月以内非代償状態、特に、左室駆出率<35%では用いてはならない (class III, level of evidence B).

ATHNAトライアルで心房細動の入院減少が示され、dronedaroneは広く使われ、amiodaroneより安全であり、心房細動駆逐という意味では有効性が少ない。


Wann LS, Curtis AB, January CT, et al. 2011 ACCF/AHA/HRS focused update on the management of patients with atrial fibrillation (updating the 2006 guideline):
A report of the American College of Cardiology Foundation/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines. Circulation 2010; DOI: 10.1161/CIR.0b013e3181fa3cf4.
http://circ.ahajournals.org/cgi/reprint/CIR.0b013e3181fa3cf4v1
Available at: http://circ.ahajournals.org. J Am Coll Cardiol 2010; DOI:10.1016/j.jacc.2010.10.001.
Available at: http://content.onlinejacc.org. Heart Rhythm 2010; DOI: 10.1016/j.hrthm.2010.11.047.
Available at: http://www.heartrhythmjournal.com

by internalmedicine | 2010-12-27 15:55 | 動脈硬化/循環器  

<< 若年女性の聴力低下:娯楽大音響... ヒト吸引脂肪由来幹細胞の特徴 >>