医療ツーリズム:臓器略奪制度、皆保険制度崩壊?公的施設のみ善玉?

医療ツーリズム って、”地方の医療機関が地方の役場とともに、観光旅行のついでに、(がんの一発検査という夢のような検査がそうでないとあきらかになった)PET(検査の廃品活用)検診や胃カメラ・大腸検査いかがですか”というものから、噂される臓器略奪医療ツーリズムまで・・・いろんなのがある。反対理由も、臓器略奪反対から皆保険制度崩壊諸端説、利用者のおける制度矛盾(医学・医療エビデンス逸脱医療行為、術後や検査後フォローアップ不備・・・)などあるようだ。

日医の医療ツーリズム反対って、”利益企業参入”・”移植ツーリズム”反対に限定したものだけのようだ。後者はよくわかるが、前者の”公的医療施設はOKで、利益企業参入はだめってよく分からん。
皆保険制度崩壊につながると反対するなら、公的医療機関や公的法人も含め、私的・公的両方反対すべきではないか?

「医療滞在ビザの概要と問題点」定例記者会見 
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20101222_1.pdf

日医白クマ通信
 「医療滞在ビザ」の設置については、6月18日に「新成長戦略」等で閣議決
定されており、今回はその具体化として、在外公館における運用開始(2011年
1月から)が外務省より公表された。その中では、「従来、治療目的で来日す
る外国人には短期滞在ビザが適用されてきたが、『医療滞在ビザ』は、人道的
観点も踏まえ、治療等で来日を希望する外国人にとって一層利用しやすいもの
となる」としている。

 まず、同副会長は、「医療ツーリズム」に対する日医の見解として、

(1) 国籍を問わず、患者を診察、治療することは医師の当然の責務。
(2) 営利企業が関与する組織的な医療ツーリズムには反対。
(3) 「WHO の呼びかけ」や「イスタンブール宣言」を遵守し、移植ツーリズムに反対。

の3点を改めて主張。今般の「医療滞在ビザ」について、医療機関の格付けに
つながるおそれがある外国人患者受入医療機関の認証制度整備に向けて予算計
上されていること、同伴者について親戚関係や人数の制限がない等の問題点を
挙げた。

 さらに、今般の「医療滞在ビザ」には、身元保証機関として旅行会社等、民
間資本の関与が明示されており、営利企業が組織的に関与する医療ツーリズム
に発展する可能性があると指摘。医療への株式会社参入、混合診療全面解禁へ
の突破口にもなりかねないとして、強い遺憾の意を示した。政府、外務省に対
しては、「医療滞在ビザ」はあくまでも人道的措置に限定し、倫理面、安全面
等での厳格な対応を要望するとした。



医療ツーリズムに関して言えば、公的病院と地方公共団体がやっても、民間がやっても一緒だと思うのだが・・・なぜに、民間だけだめって?・・・日医の主張がよく分からない。


日本のメディアは相変わらず、金の亡者たちの主張やその騎兵隊である財務省の主張を垂れ流すだけだが、外国メディアは、問題点を報道している。
(http://www.cbc.ca/news/background/healthcare/medicaltourism.html)
・各国公的・基礎的医療保険や、特約的医療保険において、医療行為報酬が支払われず、患者自身が費用を現金で支払いすることとなる。
・フォローアップケアが考慮されず、患者は通常、病院に数日滞在だけで、大半は旅行へ、そして自宅へ向かう。合併症、副作用、術後ケアは、患者の自国の医療システムに依存することとなる。
・メディカルツーリズムを提供する国の大多数は、医療過誤法律が乏しく、患者は地域の裁判所やボードに申し出、償還を受けることが困難。
・収益性の高い、プライベートセクターのメディカルツーリズムは、地域サービス改善のステップとして主張する医療機構も存在するが、地域住民の医療資源や人的資源を引っぺがして行われている。



”医療ツーリズム”;ただでさえ少ない臓器を外国人にふりむける暴挙?
http://d.hatena.ne.jp/kshikuya/20101216/1292498151



World Health Assembly Resolution 57.18, Human organ and tissue transplantation, 22 May 2004,
http://www.who.int/gb/ebwha/pdf_files/WHA57/A57_R18-en.pdf


日本は心臓インターベンションなど優れていると思うけど、あれって、患者適応を厳格に守れば、旅行して治療するようなのんきな対象者ってどれほどいるのだろう?絶対、ビジネスとして存在し得ないと思う。単なる広告塔・・・公的医療システムの崩壊の広告塔か、その医療機関の広告塔かは・・・わからないが・・・

by internalmedicine | 2010-12-28 15:12 | くそ役人  

<< メタアナリシス:慢性心不全への... VITAL研究:ビタミンDサプ... >>