妊娠中歯科治療による早産予防効果認めず

Obstetric outcomes after treatment of periodontal disease during pregnancy: systematic review and meta-analysis
BMJ 2010; 341:c7017 doi: 10.1136/bmj.c7017 (Published 29 December 2010)

妊娠中の歯石除去やルートプレーニングによる歯周病治療により、早産を減少させられるか?

結果は、有意な報告を見いだせなかった。



ただ、結論としては、やはり妊娠中の歯科検診とそのうえでの治療はすべきとしている。

by internalmedicine | 2011-01-07 10:33 | 医療一般  

<< 包皮環状切除は子宮頸がんウィル... サソリ刺傷治療:抗毒素+プラゾ... >>