善玉コレステロールの抗動脈硬化作用はHDL血中値よりマクロファージからの除去能が重要

いわゆる善玉コレステロールである、HDLは、マクロファージからコレステロールを能力がある

マクロファージからのcholesterol efflux capacityと、頸動脈IMTの強い逆相関と血管造影上の冠動脈疾患の尤度の関連が見られ、これはHDL値と独立したものであった。

HDLの効果そのものは、血中の値より、コレステロール除去能の方がよい予後因子

efflux capacityは排出能とでも訳すのだろうか?マクロファージからのコレステロール除去能を表したものだろう。

Cholesterol Efflux Capacity, High-Density Lipoprotein Function, and Atherosclerosis
N Engl J Med 2011; 364:127-135January 13, 2011

HDLコレステロールと、アポリポ蛋白A1は、cholesterol efflux capacity の重要な要素であるが、40%未満の変動しかない。
effux capacityと頸動脈のIMTの逆相関がHDLコレステロール補正前後で見られる。
さらに、efflux cacapcityは冠動脈疾患と強い逆相関が見られる (adjusted odds ratio for coronary disease per 1-SD increase in efflux capacity, 0.70; 95%信頼区間[CI], 0.59 to 0.83; P<0.001)

この関連はHDLコレステロール値、アポリポ蛋白A1で減衰するが、有意差維持される
(odds ratio per 1-SD increase, 0.75; 95% CI, 0.63 to 0.90; P=0.002、odds ratio per 1-SD increase, 0.74; 95% CI, 0.61 to 0.89; P=0.002)


追加研究にて、メタボリックシンドローム・ピオグリタゾン治療下の低HDL患者において、efflux capacityは促進する。しかし、スタチン治療高コレステロール血症患者では促進されなかった。




Tall AR. Cholesterol efflux pathways and other potential mechanisms involved in the athero-protective effect of high density lipoproteins. J Intern Med 2008;263:256-273



Glomset JA. The plasma lecithin:cholesterol acyltransferase reaction. J Lipid Res 1968;9:155-167


本文中では
This assay quantifies total efflux mediated by pathways of known relevance in cholesterol efflux from macrophages (i.e., ATP-binding cassette transporter A1 [ABCA1] and G1 [ABCG1], scavenger receptor B1, and aqueous diffusion). Each sample was run in triplicate, with a mean coefficient of variation of 4.3%. Values were normalized by dividing the efflux capacity of individual patients by the efflux capacity of a serum pool run with each assay...
という解説がある。

by internalmedicine | 2011-01-14 08:45  

<< 就寝前の室内照明はメラトニンを... 親の喫煙は子供の血圧上昇させる >>