ACCELERATE:初回血圧>150mmHgなら、ラジレスとアムロジンの併用を推奨する

Aliskiren and the calcium channel blocker amlodipine combination as an initial treatment strategy for hypertension control (ACCELERATE): a randomised, parallel-group trial
The Lancet, Early Online Publication, 13 January 2011
doi:10.1016/S0140-6736(10)62003-XCite or Link Using DOI


二重盲検並行群優越性トライアル

アリスキレン群 318、アムロジピン 316、アリスキレン+アムロジピン 620割り付けしたが、アリスキレン 315名、アムロジピン 315、アリスキレン+アムロジピン 617名初期割り付けを検討。

初期併用では併用では単剤より、 6·5 mm Hg (95% CI 5·3 to 7·7) 減少 (p<0·0001)

24週目に、全患者併用としたところ、その差は1.4 (95% CI −0·05 to 2·9; p=0·059)

副作用中断は、併用群で85名 (14%)、アリスキレン群45名 (14%)、アムロジピン群で58名 (18%)、主に末梢性浮腫、低血圧、起立性低血圧


速やかに降圧を図ることは大事で、VALUE研究では、3ヶ月後治療でバルサルタンとアムロジピンで、3·8/2·2 mm Hg の差が生じ、心血管超過死亡においては75%もの差が生じ、全原因死亡率ではバルサルタン郡では3倍の死亡率増加が生じた。利尿剤使用比率が多くなったが、その差は 1·8/1·5 mm Hg であり、影響が遷延化している。同様なことが、ASCOTでもみられている。

早期から、併用療法を行うことが肝要・・・という論旨



ARB第一選択の理論的正当性はあるのだろうか?

それと、イギリスの高血圧学会は、併用療法早期治療に踏み出すようだが、今後、日本・アメリカのガイドラインはどうなるのだろう?

by internalmedicine | 2011-01-14 09:40 | 動脈硬化/循環器  

<< もう3000歩増やすと糖尿病発... 就寝前の室内照明はメラトニンを... >>