もう3000歩増やすと糖尿病発症を遅らせる

上記表題の解説記事(http://www.medicalnewstoday.com/articles/213681.php

歩行数を多くすることは、中年において体重増加を防ぐだけでなく、糖尿病発症を遅らせることができる。

592名(男性267名、平均年齢51.4 (SD 12.2) 歳、女性 325名で平均年齢 51.4 (SD 12.2) 歳

Association of change in daily step count over five years with insulin sensitivity and adiposity: population based cohort study
BMJ 2011; 342:c7249 doi: 10.1136/bmj.c7249 (Published 13 January 2011)

5年間に、日々の歩行数は65&減少(n=382)
2000年より2005年に歩行数が増えた場合、2005年、BMI低下x (1000歩あたり0.08 (95% 信頼区間 0.04 to 0.12)、ウェスト・ヒップ比減少 (0.15 (0.07 to 0.23),、インスリン感受性高値 (1.38 (0.14 to 2.63) HOMA unit)
BMI補正後のHOMA unit平均増加は0.34 (−0.79 to 1.47) 低下



2005年BMI,WHR、HOMAインスリン感度;ステップ数カテゴリー毎の比較

by internalmedicine | 2011-01-14 14:17  

<< ドロネダロン重症肝障害報告 ACCELERATE:初回血圧... >>