The Lancet: 日本のワクチン行政の無策ぶり告発

国際的には偉そうに言った岡田克也、だが、日本の予防接種行政にはかなり疑問がある。
日本の子供の予防接種はわずかで、経済的弁済も、有害性事象保障も十分でない。
ポリオワクチンにおいては、弱毒経口ポリオを継続している事態を放置
インフルエンザワクチンにおいては大きなバイアルを医療機関接種強制し様々な軋轢を生じた・・・とかいつまんで書けばそうなる。

Disseminating Japan's immunisation policy to the world
The Lancet, Volume 377, Issue 9762, Page 299, 22 January 2011
doi:10.1016/S0140-6736(11)60091-3Cite or Link Using DOI

by internalmedicine | 2011-01-22 11:25 | 感染症  

<< 桜島の灰と、ロケット雲の共演 院内肺炎・人工呼吸器関連肺炎・... >>