H. pylori除菌:4剤併用非劣性証明され圧勝

Malfertheiner P, et al "Helicobacter pylori eradication with a capsule containing bismuth subcitrate potassium, metronidazole, and tetracycline given with omeprazole versus clarithromycin-based triple therapy: a randomised, open-label, non-inferiority, phase 3 trial" Lancet 2011; DOI:10.1016/S0140-6736(11)60020-2.

ソース:http://www.medpagetoday.com/Gastroenterology/GeneralGastroenterology/24991


10日間4剤(PPI+次硝酸ビスマス+メトロニダゾール+テトラサイクリン)は、クラリスロマイシン+オメプラゾール+アモキシシリンに比べ非劣性を示した。
・per-protocol 339名にて、除菌率 93% v 70%
・differnce rangeは95%信頼区間で、15.1%から32.3%で、非劣性限界を超していた。

・ITT解析では、80% v 55%
・このdifferenceはP<0.0001.

H. pylori除菌:4剤併用非劣性証明され圧勝_a0007242_10123526.jpg

by internalmedicine | 2011-02-22 09:10 | 消化器  

<< 韓国:心不全患者の方がかえって... 糖尿病発症は、母 v 父 どち... >>