移植レシピエントに対するサイトメガロウイルスワクチン効果

臓器移植や白血病などで、ウィルス血症がみつかれば、ganciclovirにて予防可能な状況になってきた。免疫があることで、ウィルス量と相関するend-organ発症と関わる。

すなわち、cytomegalovirus glycoprotein-B vaccineにて免疫を獲得することで、

Cytomegalovirus glycoprotein-B vaccine with MF59 adjuvant in transplant recipients: a phase 2 randomised placebo-controlled trial
The Lancet, Volume 377, Issue 9773, Pages 1256 - 1263, 9 April 2011

67名ワクチン、73名プラセボ
Glycoprotein-B 抗体価は、seronegativeでもseropositiveでも増加
・seronegative: geometric mean titre 12 537 (95% CI 6593—23 840) versus 86 (63—118) ; p<0·0001)
・seropositive (118 395; 64 503—217 272) versus 24 682 (17 909—34 017); p<0·0001)

移植後ウィルス血症発症において、glycoprotein-B抗体値は、ウィルス血症期間と逆相関する(p=0·0022).

seropositiveドナーからのseronegative患者は、ウィルス血症期間(p=0·0480) 、ganciclovir治療日数(p=0·0287)はワクチンレシピエントで減少。

by internalmedicine | 2011-04-08 15:03 | 感染症  

<< systemic capill... ウィルス性肺炎 >>