IMS調査・米国処方薬統計:ジェネリック薬品処方数増加、金額ベースではブランド薬品増加・高コスト

当たり前と言えば当たり前。でも、ブランド薬品の高コスト化拡大傾向は誰の目にも明らかだろう。

医療費が高コスト医療薬品により増大化している日本・・・drug delayだらけが一方的に叫ばれる反面、非薬剤コストにしわ寄せが行く可能性がある。

一つの解決法は米国のごとく、ジェネリックへ、自由価格制度導入すること

今みたいに、先発の7割高止まりでは、天下りいっぱいのジェネリックメーカーの懐に、貴重な医療財源が行くだけ!


天下り先優先の、馬鹿役人じゃ、まぁ そういう行動はおこさないだろうが・・・

米国で最も処方されている薬剤トップ10、IMS Institute for Healthcare Informaticsからのレポート
The 10 Most Prescribed Drugs;Most-Prescribed Drug List Differs From List of Drugs With Biggest Market Share;By Daniel J. DeNoon WebMD Health News ;Reviewed by Laura J. Martin, MD;pills arranged in form of number 10; April 20, 2011


主な傾向は、2010年の処方4億回のうち、78%がジェネリックであった

<処方ベース>
・ Hydrocodone (combined with acetaminophen) -- 131.2 million prescriptions
・ Generic Zocor (simvastatin), a cholesterol-lowering statin drug -- 94.1 million prescriptions
・ Lisinopril (brand names include Prinivil and Zestril), a blood pressure drug -- 87.4 million prescriptions
・ Generic Synthroid (levothyroxine sodium), synthetic thyroid hormone -- 70.5 million prescriptions
・ Generic Norvasc (amlodipine besylate), an angina/blood pressure drug -- 57.2 million prescriptions
・ Generic Prilosec (omeprazole), an antacid drug -- 53.4 million prescriptions (does not include over-the-counter sales)
・ Azithromycin (brand names include Z-Pak and Zithromax), an antibiotic -- 52.6 million prescriptions
・ Amoxicillin (various brand names), an antibiotic -- 52.3 million prescriptions
・ Generic Glucophage (metformin), a diabetes drug -- 48.3 million prescriptions
・ Hydrochlorothiazide (various brand names), a water pill used to lower blood pressure -- 47.8 million prescriptions.

<金額ベース>
・ Lipitor, a cholesterol-lowering statin drug -- $7.2 billion
・ Nexium, an antacid drug -- $6.3 billion
・ Plavix, a blood thinner -- $6.1 billion
・ Advair Diskus, an asthma inhaler -- $4.7 billion
・ Abilify, an antipsychotic drug -- $4.6 billion
・ Seroquel, an antipsychotic drug -- $4.4 billion
・ Singulair, an oral asthma drug -- $4.1 billion
・ Crestor, a cholesterol-lowering statin drug -- $3.8 billion
・ Actos, a diabetes drug -- $3.5 billion
・ Epogen, an injectable anemia drug -- $3.3 billion

こちらは、ジェネリック薬剤が一つも入っていない、故に、医療費を消費しているのは、間違いなく、新規薬剤


他のIMSレポートの内容
・ 受診数が2009年から4.2%減少
・ 処方数の半数以上、54%がチェーンドラッグストアでのファイルであり、なぜかというとジェネリック薬品が安いから
・ ブランド製品からジェネリック薬品への移行にて、2009年より2010年の方が126億米ドル減少
・ 該当ジェネリック製品のないブランド薬品は、2009年より2010年の方が166億ドル増加
・ 製薬会社のブランドネームの高コスト化の理由は、ジェネリック商品が存在しないから




薬価が一定である日本・・・でも、チェーン展開店舗の院外薬局躍進が止まらない。大量仕入れで卸値安いはずで、特定事業者の利益幅増大は好ましくないはずだが・・・それには手をださないのか・・・厚労省。

by internalmedicine | 2011-04-21 10:35 | 医療一般  

<< 1型糖尿病:人工膵臓(夜間閉鎖... NEJM誌: 福島原子力発電プ... >>