アスピリン一次予防はインチキ?

アスピリン一次予防は果たしてホントに確立したものなのだろうか?

アスピリンのネット上の価値に疑問を呈した、Antithrombotic Trialists' Collaboration (ATTC) の延長上で、患者数をより増やしたメタアナリシス

Meta-analysis of multiple primary prevention trials of cardiovascular events using aspirin.
Bartolucci AA, Tendera M, and Howard G.
Am J Cardiol 2011; DOI:10.1016/j.amjcard.2011.02.325


このメタアナリシスにより、9万名で、14%の総血管イベント減少(非致死的心筋梗塞19%減少が主)で、アスピリンの一次予防効果を認めた。しかし、卒中頻度、CV致死率、全原因死亡率・総冠動脈疾患に対しては有意な差を認めない。
End pointOdds ratio (95% CI)p
Total CHD0.85 (0.69-1.06)0.154
Nonfatal MI0.81 (0.67-0.99)0.042
Total CV events0.86 (0.80-0.93)0.001
Stroke0.92 (0.83-1.02)0.116
CV mortality0.96 (0.80-1.14)0.619
All-cause mortality0.94 (0.88-1.01)0.115



解説:http://www.theheart.org/article/1218409.do?utm_campaign=newsletter&utm_medium=email&utm_source=20110502_EN_Heartwire
Dr Sanjay Kaul (Cedars Sinai Medical Center, Los Angeles, CA) は、アスピリンの一次予防効果は、非致死的心筋梗塞に依存するものであり、臨床的意義は不明のままであり、年次リスク差やNNTデータで表現されてない現実。心電図診断に依存したsilent MIを含むかどうかもはっきりせず、一つのトライアルであるThrombosis Prevention Trialをのぞいて、プライマリエンドポイントではない研究の寄せ集めということになる。統計学的heterogeneityに加え、アスピリン投与量・治療期間・併用薬など臨床的なheterogeneityも存在し、データ解釈に影響を与えていることが推定される。
臨床的予測共役因子の患者レベル補正がなされておらず、time-to-event analysisが十分なされてない。

メタアナリシスには
・ Aspirin for Asymptomatic Atherosclerosis (AAA) trial
Prevention of Progression of Arterial Disease and Diabetes (POPADAD) trial
Japanese Primary Prevention of Atherosclerosis With Aspirin for Diabetes (JPAD) trial

それと Antithrombotic Trialists' Collaboration (ATTC)(2009年)を含む
Antithrombotic Trialists' (ATT) Collaboration. Aspirin in the primary and secondary prevention of vascular disease: collaborative meta-analysis of individual participant data from randomised trials. Lancet 2009; 373: 1849-1860

by internalmedicine | 2011-05-06 08:52 | 動脈硬化/循環器  

<< 飲水ヒ素暴露と心血管疾患死亡リ... ロイコトルエン拮抗剤は第一選択... >>