脳動脈瘤破裂の引き金:コーヒー、コーラ、性行為・・・

3年間、250名の動脈瘤患者の検討で、頭蓋内頭蓋内破裂トリガーについて30の候補因子の症例対照検討

8つのトリガー要素を同定したが、いづれも、短期に血圧増加させ、動脈瘤破裂につながる原因としてはコモンなもの。いくつかは回避可能なものもあり、今後検討が必要だろう。


Trigger Factors and Their Attributable Risk for Rupture of Intracranial Aneurysms
A Case-Crossover Study
Stroke. 2011Published online before print May 5, 2011, doi: 10.1161/STROKEAHA.110.606558


8つのトリガーでくも膜下出血リスク増加
・コーヒー摂取 (RR, 1.7; 95% CI, 1.2–2.4)
・コーラ摂取 (RR, 3.4; 95% CI,1.5–7.9)
・怒り(RR, 6.3; 95% CI, 4.6–25)
・驚き (RR, 23.3; 95% CI, 4.2–128)
・排便緊張 (RR, 7.3; 95% CI, 2.9–19)
・性行為 (RR, 11.2; 95% CI, 5.3–24)
・鼻かみ行為 (RR, 2.4; 95% CI, 1.3–4.5)
・強度運動 (RR, 2.4; 95% CI, 1.2–4.2)

住民ベースの最高リスク要素は、コーヒー (10.6%) と、強度運動(7.9%)




修正可能とは、コーヒー摂取とコーラ摂取のこと?

by internalmedicine | 2011-05-09 10:02 | 中枢神経  

<< FDA承認 培養後迅速MRSA... State of the Ar... >>