HIVワクチン開発: MRKAd5 HIV-1 Gag ワクチン(V520) のアカゲザル

MRKAd5 HIV-1 Gag ワクチン(V520) のアカゲザル予防実験
猿にとってHIVに相当するsimian immunodeficiency virus (SIV)に対する効果検討である

Profound early control of highly pathogenic SIV by an effector memory T-cell vaccine
Scott G. Hansen et. al.
Nature (11 May 2011) doi:10.1038/nature10003

24匹中13匹に予防効果あり、12ヶ月後も12匹効果持続

遺伝子操作で、アカゲザル cytomegalovirus (CMV)をベクターとした抗SIVワクチン製造

HIV、SIVにしても一度感染確立すると免疫メカニズム働かなくなる。しかし、粘膜暴露後数日で感染確立する
アカゲザルCMV(RhCMV)ベクターにして、持続的・高頻度、SIV特異的effector memory T細胞(TEM)反応を示した。同部位はSIV複製場所に相当し効果発現が期待できる。しかも、1年間効果持続が確認された


BBCに解説記事掲載されている
http://www.bbc.co.uk/news/health-13362927



かたや the Lancet Infectious Disease(5月12日号)には、否定的効果のワクチン報告
Safety and efficacy of the HVTN 503/Phambili Study of a clade-B-based HIV-1 vaccine in South Africa: a double-blind, randomised, placebo-controlled test-of-concept phase 2b study
Glenda E Gray et. al.
The Lancet Infectious Diseases, Early Online Publication, 12 May 2011

by internalmedicine | 2011-05-12 09:20 | 感染症  

<< 人差し指 薬指比率減少は孤発性... ヒト肺幹細胞の存在 >>