アスピリン使用心筋梗塞患者:PPIで心血管イベントリスク増加

初回心筋梗塞30日目生存患者でアスピリン使用者は、PPIは心血管イベントリスク増加と関連する

Proton pump inhibitor use and risk of adverse cardiovascular events in aspirin treated patients with first time myocardial infarction: nationwide propensity score matched study
BMJ 2011; 342:d2690

clopidogre使用者除外の1997-2006年初回心筋梗塞エピソードをもつ患者

アスピリン治療患者の内、心筋梗塞再発、卒中、心血管疾患し 3366/19925(16.9%)
時間経過依存Cox比例ハザードモデルにおけるPPI服用患者複合エンドポイントハザード比は 1.46 (1.33 to 1.61; P<0.001)


8318名のpropensity score matched modelでは  1.61 (1.45 to 1.79; P<0.001)

sensitivity analysis でH2Rブロッカーではリスク増加認めず (1.04, 0.79 to 1.38; P=0.78)



心筋梗塞後、プロトンポンプ阻害剤使用に注意が必要。昨日のNSAIDs使用でも注意が必要(心筋梗塞既往者におけるNSAIDと死亡・心筋梗塞再発リスク : ボルタレンなどNSAIDs全般の危険性 2011年 05月 11日)であったが・・・

論文内では、PPIがアスピリンの脂溶性に影響を与え吸収を左右するなど、bioavailabilityがらみの説明や未知の機序などが考察されている。

by internalmedicine | 2011-05-13 08:51 | 動脈硬化/循環器  

<< 瞑想:マインドフルネス・トレー... 人差し指 薬指比率減少は孤発性... >>