”植込み型ループ式心電計:失神の臨床

”植込み型ループ式心電計”のおかげで、失神の臨床的検討がすこしは進んだようだ
(paroxysmalを発作性と訳すとなんだか話がおかしくなるが・・・一応、そう訳した)

構造的心疾患のない発作性房室ブロックによる失神のケース
CLINICAL RESEARCH: HEART RHYTHM DISORDERS
Syncope Due to Idiopathic Paroxysmal Atrioventricular Block
Long-Term Follow-Up of a Distinct Form of Atrioventricular Block
J Am Coll Cardiol, 2011; 58:167-173 .


一過性意識障害に関して、失神や、それ以外のてんかんや機能的、他のまれな原因を鑑別することが重要。
失神は、4つの疫学的カテゴリーに分けられ、1) reflex neurally mediated; 2) cardiac causes; 3) orthostatic hypotension; 4) unexplained の4つ

最後の原因不明の場合、電気生理学的・神経学的work-upを含む検討がなされ、心電図異常(脚ブロック、束枝ブロック、PR延長)、特に65歳以上の場合、徐脈が最も多い原因であることが植込み型ループ式心電図で判明した。

西オンタリオ大学で、1992年開発され、原因不明失神のメカニズム解明に寄与 (Circulation 1995;92:1819-1826 )。さらに、ISSUE研究により、”neurally mediated reflex responses and paroxysmal atrioventricular (AV) block”(神経反射と発作性房室ブロック)という新しい観点が見いだされた。散ると試験陽性陰性でも心疾患・構造的異常の場合でも34%が繰り返し失神を生じ、1回以上の無拍動停止は、主に洞停止である(失神群の45%、チルト試験陽性群の62%)。一方、脚ブロック・失神患者では再発42%で、主に房室ブロックによるもの( Circulation 2001;104:2045-2050. 、 Circulation 2001;104:1261-1267

植込み型ループ式心電計
http://www.asahi-kasei.co.jp/icm/general/recoder.html

The Implantable Loop Recorder
Richard Sutton
Published: US Cardiovascular Disease 2006
http://www.touchcardiology.com/files/article_pdfs/5492.pdf


失神の診断・治療ガイドライン
Guidelines for Diagnosis and Treatment of Syncope(JCS 2007)
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_inoue_d.pdf

by internalmedicine | 2011-06-30 11:35 | 動脈硬化/循環器  

<< ESC/EAS 脂質異常症新推奨 NLST:低用量CT喫煙者肺癌... >>