システマティックレビュー:血圧治療開始時 持続血圧モニタリングをすべきでは?

診察室血圧や家庭内血圧どちらをとっても、治療としていいのか分からない血圧測定値ってのが存在する。
また、白衣高血圧や”逆白衣高血圧”など言われると、診察室血圧測定さえ懐疑的になる。

システマティック・レビューにおいて持続血圧モニタリングを135/85としてみたところ、診察室血圧140/90では感度94.6%(95% 信頼区間 60.7% to 84.8%) 、特異度74.6% (47.9% to 90.4%)、家庭内血圧 135/85では、感度85.7% (78.0% to 91.0%) 、特異度 62.4% (48.0% to 75.0%)

診察室血圧測定、家庭内血圧測定どちらも、どの単独診断検査法も血圧診断法としては推奨できる状況にない。持続モニタリングをスタンダードにして比較すれば、診察室血圧・家庭内血圧に基づく治療決断は、過剰診断となるだろう。生涯続く血圧治療の開始前に持続血圧モニタリングってのは適切に治療対象を選別し、特に治療閾値あたりで行うことは重要だろう。

Relative effectiveness of clinic and home blood pressure monitoring compared with ambulatory blood pressure monitoring in diagnosis of hypertension: systematic review
BMJ 2011; 342:d3621 doi: 10.1136/bmj.d3621 (Published 24 June 2011)
Cite this as: BMJ 2011; 342:d3621







ABPM保険適用から3年経過するが、あまり普及してないと思う(私のところは開業の頃から手出してやってるが、健保や自由診療上の請求したことがない)。
そろそろ本格的に取り組むべきか?


24時間自由行動下血圧測定(ABPM)の保険適用について(お知らせ)

平成20年診療報酬改定により、4月1日より「24時間自由行動下血圧測定(ABPM)」が保険適用(診療報酬点数200点)となります。(3月5日 厚生労働省告示第五十九号)
http://www.jpnsh.org/topics/19.html

by internalmedicine | 2011-07-08 09:47 | 動脈硬化/循環器  

<< 肺腫瘍の直径評価変動はよくある... NSAIDsにより心房細動・粗... >>