リウマチ:発症後すぐに治療開始すべき、レントゲン上の病状進行影響する


フランスのリウマチ学会のESPOIR cohortの研究


Favorable effect of very early disease-modifying antirheumatic drug treatment on radiographic progression in early inflammatory arthritis: Data from the Étude et Suivi des Polyarthrites IndifféRenciées récentes (Study and Followup of Early Undifferentiated Polyarthritis)
Arthritis & Rheumatism Volume 63, Issue 7, pages 1804–1811, July 2011


661名を検討し、非補正解析では、診断後三ヶ月以内開始のDMARD治療では、治療遅れに比べても、レントゲン的進展上、有意な差を認めなかった  (1.2 units versus 1.6 units; P = 0.37)
propensity score補正後平均的進展差に関して有意差を求めた (0.8 units versus 1.7 units; P = 0.033)
propensity score 5分位解析にて早期治療は第4/5分位患者(進行悪化群)で有意なベネフィットを示した。


早期診断が難しいのだが・・・

特にCCP抗体に縛りをつけて検査しにくくしている日本、三ヶ月内診断を難しくしている・・・保険者・厚労省がリウマチ患者の予後を悪くしている

by internalmedicine | 2011-07-11 08:51 | 運動系  

<< 米国FDA:65歳以上の破傷風... 保険者検診・保健指導検討会:垣... >>