HIV-1感染:パートナーへの感染予防視点:早期併用治療は有効

HPTN 052と呼ばれる、HIV Prevention Trials Network (HPTN)が行った多大陸ランダム化対照化トライアル早期 v 後期 HIV感染者(CD 350-550 cell/mm3)でステディーなパートナーを有する被験者トライアル。

早期治療群は登録時HIV-1感染パートナー治療開始
遅延群は2つのCD4カウント250/mm3以下、もしくはAIDS発症後に治療開始


Prevention of HIV-1 Infection with Early Antiretroviral Therapy
the HPTN 052 Study Team
N Engl. J Med. July 18, 2011 (10.1056/NEJMoa1105243)



9ヶ国1763名のカップルで、片方がHIV陽性で、片方がHIV陰性のカップル
54%がアフリカ系で、50%だ男性。
CD4カウント350-550/mm3 早期治療群と後期治療群に割り付け
プライマリ予防エンドポイントをHIV-1陰性パートナーへのHIV transmission


2011年2月21までで、HIV-1 transmission 39(100人年 1.1/100; 95%信頼区間[CI], 0.9-1.7)
ウィルス学的感染パートナーと関連しているのがはっきりしているのは28 (incidence rate, 0.9 /100 person-years, 95% CI, 0.6 to 1.3)

関連のはっきりしている感染28のうち、1例のみが早期治療群 (ハザード比, 0.04; 95% CI, 0.01 to 0.27; P<0.001)
早期治療者はより治療エンドポイントは少ない (ハザード比, 0.59; 95% CI, 0.40 to 0.88; P=0.01)



・combination of lamivudine and zidovudine (Combivir), efavirenz, atazanavir, nevirapine, tenofovir, lamivudine, zidovudine, didanosine, stavudine
・combination of lopinavir and ritonavir (Kaletra and Aluvia), ritonavir, and a combination of emtricitabine and tenofovir (Truvada).

by internalmedicine | 2011-07-19 08:57 | 感染症  

<< 2011-2012 influ... OAT後も持続完全狭窄病変への... >>