RSNA報告: サッカーと脳障害画像診断証拠

頭をつかうスポーツは頭が悪くなる? 2004/05/12
頭をつかうスポーツは頭が悪くなる 続編 2004/07/03

ヘディングの問題点は以前から指摘されてきた。
RSNAでの画像診断からのエビデンスが加わったようだ。

32名の子供時代からのアマチュアサッカープレイヤー(平均30.8歳)に”frontal lobe and in the temporooccipital region”5領域の有意な異常を認めた。

RSNA News Release
'Heading' a Soccer Ball Could Lead to Brain Injury
Released: November 29, 2011
http://www.rsna.org/media/pressreleases/pr_target.cfm?ID=564



Health News
'Heading' soccer ball may hurt brain
Published: Nov. 29, 2011 at 7:28 PM


Read more: http://www.upi.com/Health_News/2011/11/29/Heading-soccer-ball-may-hurt-brain/UPI-65111322612938/#ixzz1f91x7RyO




フットボールにもボクシングのような反復頭部外傷による認知機能、軸性障害など・・・遅発性明らかに 2010/09/24
サッカー選手のALSについて:統計学的検討? 2005/04/11
サッカー・ワールドカップに負けたときの心筋梗塞入院・心臓突然死増加? 2006/06/13
心臓突然死の予知と予防法のガイドライン  2005/12/21
包括的ウォームアッププログラムにて外傷軽減 2008/12/12



スポーツってのはある程度体に障害を与えるのは当たり前なので、すべて禁止にすべきとは思わない。
が、保護すべき、配慮すべきは子供・青少年!

K-1甲子園:危険性への配慮が足りなさすぎる  2008/09/03

アメリカ・カナダ小児科学会: 小児・思春期でのボクシング競技廃止推奨 医師たちも廃止に協力を  2011/08/30

King-Devick 検査:ボクシング・格闘技関連頭部外傷・脳しんとう検査の妥当性 2011/05/02

by internalmedicine | 2011-11-30 09:55 | 運動系  

<< 現時点では、人工股関節は新しい... COPD急性増悪・人工呼吸患者... >>