妊娠可能年齢女性での魚摂取と心血管疾患前向きコホート研究



Marin Strøm, Thorhallur I. Halldorsson, Erik L. Mortensen, Christian Torp-Pedersen, Sjurdur F. Olsen. Fish, n-3 Fatty Acids, and Cardiovascular Diseases in Women of Reproductive Age: A Prospective Study in a Large National Cohort. Hypertension, 2011; DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.111.179382

情報ソース:http://www.sciencedaily.com/releases/2011/12/111205165118.htm

妊娠可能年齢女性の最初の住民研究で、定期的に魚を食べる場合より食べない場合の方が50%ほど多く心血管疾患を有するという報告。ω-3定期的摂食女性に比べ、、全く食べないあるいは滅多に食べない女性では、90%ほどそのリスクが高い。
デンマークの研究:4万9千名(15-49歳、中央値 30歳ほど)女性で検討。
8年間で577の心血管イベント
328が高血圧性疾患、146が脳血管疾患、103が虚血性心疾患。

by internalmedicine | 2011-12-06 23:24 | 動脈硬化/循環器  

<< 米国:米中のヒ素基準検討中 医師は、子供が太ってると伝えな... >>