膝・股関節全置換術後のビスフォスフォネートは関節温存率改善

ビスフォスフォネートの、破骨細胞へのantiresorptive propertyに期待し、implantの生存率改善につながるのではないかと、後顧的解析。

Association between bisphosphonate use and implant survival after primary total arthroplasty of the knee or hip: population based retrospective cohort study
BMJ 2011; 343 doi: 10.1136/bmj.d7222 (Published 6 December 2011)
Cite this as: BMJ 2011;343:d7222


膝関節(n=18726)・股関節(23269)関節全置換術後の全患者(1986-2006)

ビスフォスフォネート使用車を6つの処方、最低6ヶ月治療(アドヒアランス 80%超)

primary 膝関節・股関節形成術後41995名のうち、1919名がビスフォスフォネート製剤使用で、非使用に比べrevision率低下(0.93% (95% 信頼区間 0.52% to 1.68%) v 1.96% (1.80% to 2.14%))

移植温存率は有意にビスフォスフォネート製剤使用者は非使用車より、propensity adjusted modelでいけば長い  (hazard ratio 0.54 (0.29 to 0.99); P=0.047) 、そして、股関節・膝関節revision期間ほぼ2倍  (time ratio 1.96 (1.01 to 3.82))

5年での失敗率2%と仮定し、ビスフォスフォネートによる1回のrevision回避NNTは107

by internalmedicine | 2011-12-09 08:27 | 運動系  

<< 2011 ACCF/AHA/S... メタ・アナリシス:L-アルギニ... >>