夜間下肢こむら返りをみたら薬剤性を疑え!・・・LABA、K保持性利尿剤、サイアザイド系利尿剤

夜間下肢こむら返りをみたら薬剤性を疑え!・・・LABA、K保持性利尿剤、サイアザイド系利尿剤

Nocturnal Leg Cramps and Prescription Use That Precedes Them
A Sequence Symmetry Analysis
Arch Intern Med. Published online December 12, 2011. doi:10.1001/archinternmed.2011.1029

利尿剤やスタチン、吸入持続型β2刺激剤(LABA)の使用と筋痙攣は関連するが、逸話的エビデンスのみが広がっている。住民ベースのデータが必要。

ということで、カナダ・ブリティッシュコロンビア(420万人口)の50歳以上のデータで、利尿剤・スタチン・LABA処方後の新規キニーネ処方増加symmetry analysisで、統計学的比率は、sequence ratio 指標薬剤開始年度キニーネ開始数/前年キニーネ開始数

補正 sequence ratio (95% CIs) は、
・ 利尿剤 1.47 (1.33-1.63 [P < .001])
・ スタチン 1.16 (1.04-1.29 [P = .004])
・ LABA 2.42 (2.02-2.89 [P < .001])

利尿剤のサブクラスでは、補正sequence ratio(95% CIs)は
・ K保持性利尿剤 2.12 (1.61-2.78 [P < .001])
・ サイアザイド様利尿剤 1.48 (1.29-1.68 [P < .001])
・ ループ利尿剤 1.20 (1.00-1.44 [P = .07])

LABAサブクラスでは
・ LABA単独 2.17 (1.56-3.02)
・ LABA・ステロイ 2.55 (2.06-3.12)
(P < .001 for both).

by internalmedicine | 2011-12-13 09:21 | 運動系  

<< 栄養と卒中リスク MRIは腰髄神経根障害患者への... >>