ゴーシェ病:多発性骨髄腫を見逃さぬよう・・・

Gaucher disease:ゴーシェ病 ;細胞内ライソゾームに局在する加水分解酵素・グルコセレブロシダーゼ (glucocerebrosidase)の異常による疾患。


この疾患の160名中6名(3.8%)に多発性骨髄腫

骨病変は重度の骨粗鬆症で、lytic lesionを有し、病的骨折を示すが、両疾患とも同様な症状であるため見逃しやすい可能性がある。

Rosenbaum H, et al "Gaucher disease and multiple myeloma: a diagnostic and treatment challenge" ASH 2011; Abstract 2166.
ソース: http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/ASHHematology/30199 

by internalmedicine | 2011-12-14 06:14 | 医学  

<< 母体出生前ステロイド投与:在胎... 栄養と卒中リスク >>