ACR発表:ステロイドと骨壊死

ビスフォスフォネート副作用がらみで骨壊死ってをよく聞くようになったが・・・

Department of Veterans Affairs (VA) の症例対照データ
30日内の短期使用でも骨壊死リスクは、非暴露に比べ オッズ比 3.8 (95% CI 2.1 to 6.8)
1年超で オッズ比 212.2 (95% CI 8.9 to >999.9)に跳ね上がる

92%が股関節で、他は、顎 2%、膝 1.9%

直近の薬物治療不問・ステロイド暴露関連骨壊死
1-90日  OR 5.8 (95% CI 1.6 to 21.2)
180-365日 OR 8.9 (95% CI 2.5 to 32.5)
730日以降  OR 4.3 (95% CI 2 to 9)

既使用者(remote user)、指数日前1年超の暴露歴でもリスク継続
30-90日間 OR 9.3 (95% CI 2.5 to 34.9)
90-180日間 OR 4.1 (95% CI 0.4 to 47.9)
365日超 OR 165.4 (95% CI 7 to >999.9)


Source reference:
Vlad S, et al "Short periods of glucocorticoid use are associatd with a prolonged risk of osteonecrosis" ACR 2011; Abstract 802.
ソース:http://www.medpagetoday.com/MeetingCoverage/ACR/29537

by internalmedicine | 2011-12-14 11:31 | 運動系  

<< 閉塞型無呼吸:CPAP (vs... 急性肺障害:2年後もうつ、身体... >>