BMJクリスマス企画2011:整形外科医 vs 麻酔科医 インテリジェンス、握力競争

Christmas 2011: Surgery
Orthopaedic surgeons: as strong as an ox and almost twice as clever? Multicentre prospective comparative study
BMJ 2011; 343 doi: 10.1136/bmj.d7506 (Published 15 December 2011)
Cite this as: BMJ 2011;343:d7506



【目的】 整形外科医と麻酔科医のインテリジェンスと握力比較

【デザイン】 Multicentre prospective comparative study.

【セッティング】 Three UK district general hospitals in 2011.

【被験者】 36 male orthopaedic surgeons and 40 male anaesthetists at consultant or specialist registrar grade.

【主要アウトカム測定】 Intelligence test score and dominant hand grip strength.

【結果】 整形外科医は統計学的に麻酔科医より平均握力強い  (47.25 (SD 6.95) kg vs 43.83 (7.57) kg)
整形外科医の平均インテリジェンススコアは、これも麻酔科に比べ優秀   105.19 (10.85 vs98.38 (14.45)



【結論】 男性整形外科医は男性同僚麻酔科医にくらべインテリジェンスも有り、握力も強い・・・麻酔科医同僚は、整形外科医友人たちをからかう別の方法も考えていこう・・・


いんちきデータ解析だが、日本の新聞紙上の世論調査でよく見られる手法。

序文に、”整形外科医は屈強でアホ”というステレオタイプなイメージがあるとかかれている。そして、確かに一般外科医より整形外科医の手の方がでかいという報告もある(BMJ1988;297:1638-9. 、 BMJ1990;301:1425-6.)。しかし、世界的な科学的文献では否定されたと・・・

by internalmedicine | 2011-12-17 09:07 | 医学  

<< ペニシリン:大きい子供は成人の... BMJ恒例クリスマス企画201... >>