慢性疲労症候群レトロウィルス原因研究  → Science論文撤回

以前、このブログで扱った問題

慢性疲労症候群レトロウィルス原因研究顛末 2011年 07月 19日

慢性疲労症候群の原因としての・・・XMRV否定報告 2010年 03月 05日


xenotropic murine leukemia virus–related virus (XMRV) or other murine leukemia virus (MLV )–related viruses in chronic fatigue syndrome (CFS)


Journal Retracts Paper on Fatigue Syndrome
By DAVID TULLER
Published: December 22, 2011
http://www.nytimes.com/2011/12/23/health/research/science-journal-retracts-chronic-fatigue-syndrome-paper.html?_r=1

Retraction
Science 23 December 2011: Vol. 334 no. 6063 p. 1636
DOI: 10.1126/science.334.6063.1636-a



この関連性に関して、2010年3月時点ですでに疑義が論文報告化されている。だが、メディアは暴走し、NHKなどは一部番組の中で肯定的報告だけを盲信した報道を行っている。ウェブ上も関連性記述がまだまだ残っている。一度、ひろまった事象は、なかなか撤回できない。
(ためしてがってんなどで一研究者の一意見を確立したエビデンスのごとく放送することが多く、辟易し続けている ・・・ 公的メディアとしての的確性を著しく欠くNHKは消えた方がよい)

No Evidence of Murine Leukemia Virus-Related Viruses in Live Attenuated Human Vaccines
PLoS ONE 6(12): e29223. doi:10.1371/journal.pone.0029223
こういう論文も、本来、必要の無い論文なのだろう・・・ 今頃、出版されて・・・世の混乱をもたらす元


これも撤回(H23.12.27付記)
Proceedings of the National Academy of Sciences
Source reference:
"Retraction" PNAS 2011; DOI: 10.1073/pnas.1119641109.
http://forums.phoenixrising.me/showthread.php?15389-XMRV-Lo-et-al-paper-retracted-by-author

by internalmedicine | 2011-12-23 09:53 | 医学  

<< 米国ACIPガイドライン:1型... ぜん息:フルチカゾンフロ酸エス... >>