射精回数が多いほど前立腺癌のリスクがすくない?

ある人から、JAMAに射精が多いほど前立腺癌が多いという論文が載ったそうだねて言われたんですが、そんなのあったっけ?と見直してみると、やっぱりかなり射精の多い人は(手段は、性交でも、夢精でも、自慰行為でも))少ないようですね。

Ejaculation Frequency and Subsequent Risk of Prostate Cancer
JAMA. 2004;291:1578-1586.

結論は、射精回数と前立腺癌の頻度は相関ななんですが・・・

どうも、回数と前立腺癌のリスクが逆相関というわけでもなさそう、とんでもない人たちの存在が・・・

高頻度の射精は総前立腺癌のリスク減少と相関。
多変量解析だと、21回/月以上の男性と、20-29歳での4-7/月の射精との比較で0.89(95%CI 0.73-1.10)、40-49歳での4-7/月射精との比較で0.68(0.53-0.86)、前年40-49歳での4-7/月射精との比較で0.49(0.51-0.88)、生涯平均4-7/月射精との比較で0.67(0.51-0.89)

これみると、若いときだけでなく年取ってからもほぼ毎日射精してる人って・・・例外じゃないの・・・?

by internalmedicine | 2004-04-09 00:19 | 医学  

<< 腹部大動脈検診プログラム HDLを上げる新しい高コレステ... >>