感染性胃腸炎の感染は食物由来だけにあらず・・・


老人福祉施設や老人保健施設での感染性胃腸炎についてマスコミがあおってますが、
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050109STXKA034709012005.html

思い出すのが、この論文です。

 ↓

Transmission of Norwalk Virus during a Football Game
http://content.nejm.org/cgi/content/full/343/17/1223
Volume 343:1223-1227 October 26, 2000 Number 17

相手チームに感染したが、両チームは食事を共有せず、グラウンド以外は接触せず
ノロウィルスは、スクラムによる感染以外に、ロッカールーム・サイドラインでチーム医師やコーチにも感染、嘔吐物や糞便に汚染されたユニフォーム経由も考えられ、以外に、糞便-経口とエアロゾール感染も生じたであろうと考察
#食品衛生法の改正でNorwalk virusはノロウィルスに変わってます

この論文をよんだとき、接触行為のあるスポーツは下痢時は禁止すべきと書いた覚えがあります。アーカイブにも残ってなかった・・・


いづれにせよ、免疫状態のおちている老人などは、手洗いと嘔吐物や糞便などの扱い、衣服への付着物には注意が必要なのでしょう。


ディスポの手袋・ガウンをということになるのでしょうが、行政はコストを各施設に強いることになるのでしょう。コストは各施設に負担させて役人はお気楽ですね。

少々まとめておきましょう。結構やっかいなウィルスです。
――――――――――――――――――――――――――――――――
一般的対策は、ここに書かれてますね。
http://www.yoshida-pharm.com/uk/2002/020530.htm
通常の予防策は排泄物に対する標準予防策ですが、下痢や嘔吐などの症状に注意し、NLV感染の疑われる患者については失禁などによる周囲汚染の可能性に対して接触予防策を行います。NLVはエンベロープを有しないウイルスで消毒薬抵抗性が強いと思われるので、NLV患者の吐物や糞便で汚染された器具などの消毒には熱水(80℃10分)または次亜塩素酸ナトリウム(1,000-5,000ppm)を用います。患者接触後の手洗いは流水によることを基本とし仕上げとして速乾性消毒薬を用います。


norovirusは糞便経口ルートで、100以下のウィルスで発症するに十分である。
CDC. “Norwalk-like viruses”—Public health consequences and outbreak management. MMWR Morbidity & Mortality Weekly Report 2001; 50:1-18.
http://www.hpa.org.uk/cdr/PDFfiles/2002/cdr2202.pdf

伝播はヒト・ヒト感染、食事や水の接触による(NEJMでそれ以外の感染経路指摘)
食事由来のnorovirus伝播は感染したヒトが食事をあつかったために起こることが多い
Caceres VM, Kim DK, Bresee JS, et al. A viral gastroenteritis outbreak associated with person-to-person spread among hospital staff. Infect Control Hosp Epidemiol, 1998;19:162-7.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=9552183&dopt=Abstract


ウィルスは感染者の嘔吐物・便中に大量に存在し、主に症状を有する場合である。しかし、症状回復後も排出し続ける場合がある
Patterson T, Hutchin P, Palmer S. Outbreak of SRSV gastroenteritis at an international conference traced to food handled by a post symptomatic caterer. Epidemiol Infect, 1993;111:157-162.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=8394241&dopt=Abstract


※空気感染の可能性
エロゾール化した嘔吐物もnorovirus伝播方法としては意味がある。
Marks PJ, et al. Evidence of airborne transmission of Norwalk-like virus (NLF) in a hotel restaurant. Epidemiol. Infect. 2000; 124:481-87
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=10982072&dopt=Abstract


“chlorineやフェノール抵抗性
ノロウィルスは通常の消毒に対して抵抗性で、比較的熱耐性が高い。10-100個のウィルスで感染可能。免疫も長く続かない”というように
http://www.safefoods.tv/9.html

CDCレポートでは、“norovirusは易感染性・環境中に持続して存在しやすいこと・消毒に対して抵抗性を持ちやすい、ルーチンの衛生測定方法でコントロールしにくい故に容易に流行しやすい。”と述べている。
――――――――――――――――――――――――――――――――
(H17.1.11追加)


お役人の行動をゲーム理論で解析しているのをみつけました。ミニマックス法です。
http://www.ses.usp.ac.jp/ses/kyouin/shakei/ide/Lectur08.pdf
:自らの行動を研究しすることも大事ですぞ→お役人

by internalmedicine | 2005-01-10 00:17 | 感染症  

<< ポリフェノールの副作用 あるある大辞典:炭水化物(At... >>