“軽症”動脈瘤クリッピング手術時低温麻酔の意義は少ない

専門外ですが、家族をSAH(くも膜下出血)でなくした経験があるので、この領域は興味が有ります。


すべてが否定されたわけではないのでしょうが、脳動脈瘤のクリッピング時の“軽症”の動脈瘤低温麻酔はあんまり意義がないということだそうです。

――――――――――――――――――――――――――――――――n

Mild Intraoperative Hypothermia during Surgery for Intracranial Aneurysm
NEJM Volume 352:135-145 January 13, 2005 Number 2
http://content.nejm.org/cgi/content/short/352/2/135
1001名の、“good-grade patients”: preoperative World Federation of Neurological Surgeons score of I, II, or III
動脈瘤計画的クリッピング手術前14日以内のSAH患者でを手術中低温(33度、表面クーリング法)と通常温(36.5度)に割り当て

手術中低体温群と通常体温群はICU滞在期間、入院期間、フォローアップ時死亡率(6%)は有意差無し
最終フォローアップ時、GCSでは低温499例中329例が、通常体温501例中314例が良好なスコア。(66%vs63% 95%CI 0.88-1.48 P=0.32)。術後細菌血症は低体温群の方が多かった(5% vs 3% P=.05)
――――――――――――――――――――――――――――――――

論文の一部から・・・
“術後の神経学的障害はcommonで、脳のretraction、血管閉塞、術中の出血などの要因が関与している。神経学的手術に全身低体温を予防的に用いたのは1955年で、1970年代、1980年代とかなり行われた。
33-35度程度の比較的低体温で虚血や外傷後のアウトカムを改善したということで興味が持たれ、頭部外傷・卒中、心停止など他の領域にも治療法が広がった。
しかしながら、動脈瘤手術の50%以上に低体温が用いられているが、いくつかの省令検討と、パイロット研究しかなく、あまり情報は得られてない。”



低体温52例vs対照62例のパイロット
Mild hypothermia as a protective therapy during intracranial aneurysm surgery: a randomized prospective pilot trial.
Neurosurgery. 1999 Jan;44(1):23-32; discussion 32-3.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=9894960&dopt=Citation

非対照実験
By using cold intravenous infusions (4°C) and convective cooling our aim
Moderate hypothermia for 359 operations to clip cerebral aneurysms
British Journal of Anaesthesia 2004 93(3):343-347
http://bja.oupjournals.org/cgi/content/abstract/93/3/343

脳梗塞急性期・低体温療法
http://www.neurology-jp.org/guideline2003/2_0110.html
【推奨】
1.低体温療法は、脳梗塞急性期の治療法として行うことを考慮してもよいが、十分な科学的根拠はない(グレードC1)。
2.解熱薬を用いた平温療法は、脳梗塞急性期の治療法として行うことを考慮してもよいが、十分な科学的根拠はない(グレードC1)。
【エビデンス】
 低体温療法は、脳梗塞急性期の治療法として、有効性の検討が十分になされていない1-4)(IIa-III)。解熱薬を用いた平温療法は、脳梗塞急性期の治療法として、有効性の検討が十分になされていない5)(Ib)。

卒中に対する低温療法
http://www.strokecenter.org/trials/InterventionDetail.asp?therapyName=ints/intPage70.htm(Updated:7/6/2000と古い)


Therapeutic hypothermia for head injury (Cochrane Review)
http://www.mediscope.ch/cochrane-abstracts/ab001048.htm
:頭部外傷も大規模トライアルでの結果はまだ

日本脳低温療法研究会
http://www.brain-hypothermia.com/index.html




――――――――――――――――――――――――――――――――
<雑談>
以上をふまえると、この書籍関係の記述が問題有るかがおわかりいただけると思います。
新奇な治療法が必ずしも正しいとは限らないし、治療方法の確立は天才的な一人でできるものではないのです。このときからNHKは腐れ商売してますね。民放と変わらない
 ↓
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/ishoku/ishoku308.htm

by internalmedicine | 2005-01-13 09:08 | 医療一般  

<< インターンの労働シフトと交通事故 質問に答えて:テオフィリンは見... >>