病院外の心臓マッサージは指針通り行われているか?

心臓マッサージは、空き時間無く、確実に深く行うこと。施行時の回数はやや多め?
AEDなどの処置が今後BLSでも行われるので、日本でも心マッサージの重要性と適切な処置方法を広めておく必要があるようです。


Quality of Cardiopulmonary Resuscitation During Out-of-Hospital Cardiac Arrest
JAMA Vol. 293 No. 3, January 19, 2005
http://jama.ama-assn.org/cgi/content/full/293/3/299
胸骨圧迫心臓マッサージは自発的な循環がないときの48%の時間で行われていない。この比率は心電図解析や除細動の必要な時をのぞいたら38%であった。
マッサージが行われている時の平均圧迫数は121/分(95%CI 118-124/分)をあわせると64/分(94%CI 61-67/分)となる。
平均圧迫深度は34mm(95%CI 33-35mm)で、ガイドライン推奨の38-51mmは28%(95%CI 24-32%)のみ。duty cycleの圧迫部分は42%(95%CI 41-42%)。
分時11回(95%CI 11-12)の平均換気。61名(35%)の患者は自発循環へ、5/6は神経学的に異常なく退院となった。
【結論】院外の心停止患者のCPRの研究で、心臓マッサージは半分の時間なされておらず、多くの圧迫方法は浅い。電気的な検討・除細動は心臓マッサージなしの時間に関わるのはごくわずかである。





これくらいの記載が有れば信用できるかもしれません

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox&rls=org.mozilla%3Aja-JP%3Aofficial&q=%E8%83%B8%E9%AA%A8%E5%9C%A7%E8%BF%AB%E5%BF%83%E8%87%93%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%80%80%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E5%9B%9E%E3%80%80%E8%83%B8%E9%AA%A8%E3%80%80%E5%88%87%E7%97%95%E3%80%803.5-5.0cm+&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja
(胸骨圧迫心臓マッサージ 100回 胸骨 切痕 3.5-5.0cm )


救急蘇生法の指針”のこの項目のキーワードがあるので・・



――――――――――――――――――――――――――――――――
昔からテレビっこなんで、ドラマなんか見ますが、救急関係はドラマになりやすいのか
ERのおかげで需要を掘り起こしたのか?
心肺蘇生の普及に役立つ部分もあるのでは・・・
テレビドラマをならべて心肺蘇生が指針に従っているかどうか確認するという研究もあり得るのかもしれません。

by internalmedicine | 2005-01-19 16:03 | 医療一般  

<< C型肝炎肝硬変へのインターフェ... 毎年おなじみの抗生剤パンフレット >>